(5)遺言書の保管と執行

(1)「遺言書の保管
自筆証書の遺言書は、保管がとても重要です。せっかく書いた遺言書も、遺言者の死後に見つからないことがあり得ますし、自分に不利な遺言書を発見した相続人が、これを隠匿する危険もあります。
公正証書遺言の場合、原本が公証役場に保管されますから、隠匿や破棄の危険はありません。ただ、遺言者が亡くなったからといって自動的に公証役場から通知が来るわけではありませんから、最低限、公正証書遺言を作成してあることを相続人の誰かに伝えておく必要があります。
最も確実な保管方法は、行政書士や弁護士などの専門家に保管を委託することです。
当センターでは、信頼できる第三者としてあなたの遺言書を大切にお預かりいたします。

(2)「遺言の執行
遺言書は、書いた方が亡くなった後に効力が出るものですから、遺言書の内容を実現するには、執行者が必要となります。
相続発生後に、家庭裁判所に申し立てて遺言執行者を選任してもらうこともできますが、時間と手間がかかります。
最善の方法は、遺言書の中で遺言執行者を指定しておくことです。当センターは、信頼できる第三者、法律専門家として遺言者の意思を的確に実現いたします。