(1)自筆か、公正証書か?

遺言を書くときに、多くの方が最初に悩まれるのが、

「遺言の方式」です。

「自筆証書遺言」の場合は、

手軽に書ける、いつでも簡単に書き換えができる・・・という点が長所です。

しかし、遺言は民法上「要式行為」とされているため、有効要件が欠けていると、遺言そのものが無効となったりします。

また、遺言内容が民法の規定に合致していないとせっかく書いても、内容が実現できなかったりするリスクがあります。

一方「公正証書遺言」の場合は、公証人が内容を確認しますから、「無効」とされることはありませんし内容も一応チェックされるので安心です。

ただ、最低でも4~5万円くらいの公証人手数料がかかる上に、書き換えたいときも、改めて公正証書を作成しなければならないため、書き換えの度に手数料と公証役場へ行く手間がかかる点が短所です。

このように、どちらの方式も一長一短あるのですが、いずれにせよ法律専門家のチェックが必要ですから、思い切って行政書士や弁護士などの専門家に相談して自筆証書遺言の起案を依頼して、同時に保管や執行も頼んでしまうという方が、かえって費用や手間もかからず、かつ安心確実ですから、ひとつの方法だと思います。